前へ
次へ

バリアフリー設計の住まいにリフォームしよう

若いときは快適に暮らしている住まいでも、加齢によって体が衰えてくると、何気ない日常生活の中にも危険が潜むようになります。
いくつになっても今の住まいで快適かつ安全に暮らしたいときは、バリアフリー設計の住まいにリフォームしましょう。
玄関や浴室の段差を解消するのはもちろんのこと、玄関やトイレ、階段などに手すりを取り付けるだけでも、快適に暮らせる住まいが実現します。
また、急な階段の昇り降りは、年齢を重ねるにつれてどんどん不安になっていきます。
不動産のリフォームを行う業者に依頼すれば、手すりの設置だけではなく、階段を緩やかにリフォームすることも可能です。
緩やかな階段に手すりが設置されていれば、2階建ての住まいでも安心して暮らすことができます。
さらに、年齢を重ねると足元の冷えも気になりやすくなります。
バリアフリー設計の住まいにリフォームしてもらうときは、併せて床暖房を依頼すれば、空気を汚すことなく足元から暖かな住まいが実現します。

Page Top